かつて、金色に輝くゴールドカードは、金持ちの象徴でありました。入会資格として、最低年収が1000万円を超えていなければ取得出来ませんでした。バブル期前のゴールドカードは、断固たる富裕層としての地位を築いていました。しかし、バブル期の未曾有の成長経済において、各カード発行会社がカード発行を…